ガソリンスタンド経営の命運をわけるのは「油外収益」

SS(ガソリンスタンド)の油外利益

カテゴリ:経営コラム 車販収益増大

ガソリンスタンド経営の命運をわけるのは「油外収益」

(※この記事は2,3分で読めます。2019.03.27更新)

                           
                

ガソリンスタンド経営を取り巻く環境

SS(ガソリンスタンド)経営環境

全国のSS(ガソリンスタンド)数は1994年の
約6万件をピークに店舗数は急減少。
2016年には31,467件と約半数まで減少。

今後、ハイブリット自動車、電気自動車の普及に伴い
更なる減少が予測されることは、言うまでもなくSS業
界、最大の懸案事項であるかと存じます。

今後どのように自社ガソリンスタンドを守り、生き残
っていくか頭を悩まされている方も多いと思います。

しかし10年、20年後の未来は想像することはできて
も、的確に予測することは困難です。

したがって、わたくしどもチームエルでは、
今やるべき最も重要なことは、どんな世界になっても
勝てる【経営の定石】をしっかりと押さえることだと
お伝えしております。

  

ガソリンスタンドで生き残りを懸けた油外収益の重要性

SS(ガソリンスタンド)経営の定石

言うまでもなくSS(ガソリンスタンド)の経営成功
ポイントはいかに油外での収益を上げるかにかかって
いるかと思います。

しかし、油外収益を上げようと躍起になる前にひとつ
考えたいことがあります。

それはいつの時代でもどのような職種でも、お客様と
の良好な信頼関係の構築こそが、企業として生き残っ
ていくために最も大切なことであり、これはガソリン
スタンドでも同様だということです。

そして、既存顧客の数と関係性を高めることこそ
が、どんな世界になっても勝てる【経営の定石】なのです。

ガソリンスタンドの経営改善はトータルカーライフサポートによる油外収益!

                

ガソリンスタンドの最大の強みである顧客との接点

SS(ガソリンスタンド)油外収益で経営改善

ご存知のとおり、SS(ガソリンスタンド)は他のどの
車の職種よりも、お客様との接点が頻繁にある業種です。

これは基本的には数年に一度しかお客さまと会うこと
のない車の販売店や整備工場よりも、かなり大きな
アドバンテージです。

このSS(ガソリンスタンド)の最大のアバンテージを
生かし、お客様との接点を、より深い関係にしていく
ことで、日々単発での油外収益を追うのではなく、
お客様のトータルカーライフサポートを生涯を通じて
お任せいただき、安定的で大きな利益を目指すことが
重要です。

ガソリンスタンドでお客様との信頼関係を強化するために

経営改善そして生き残るため、油外収益を急ぐあま
り、自社ガソリンスタンド内のお客様に油外商品の
営業をしても、なかなかうまくいかなかったという
ような、苦い経験もあるのではないかと思います。

長期的に油外収益を獲得し安定的なガソリンスタンド
経営を行うには、まず、通常業務のなかで日々お客様
の満足度をしっかり高められているか再確認し、お客
様の満足度を高めることが先決です。

次に、ガソリンスタンドで油外を購入してくれるお客
様は一般的に3割程度と言われていますが

①この3割のお客様をしっかりとつくること。

②次にこの3割のお客様を更に優良なお客様に育てる。
(購買頻度を高めていく。)                 

    

ガソリンスタンドで最大の油外収益である車販

SS(ガソリンスタンド)での中古車、新車販売による油外収益で経営改善
                

お客様との関係構築をするなかで、油外収益として
最も大きな利益となるのは車両販売です。

また、高額である分購入いただくには信頼が必要です
が購入していただければ、今後のカーライフをトータ
ルでお任せいただける可能性が非常に高くなります。

これこそが、ガソリンスタンドの経営改善につながる
経営の定石でもある、トータルカーライフサポートに
よる油外収益です。

                
            
             

ガソリンスタンドでの最大の油外収益【新車、中古車の販売方法】

ガソリンスタンド内に車両展示スペースがなくても車は売れる!

      
SS(ガソリンスタンド)での中古車、新車販売油業報知新聞

車販といっても、ガソリンスタンド内に車を展示する
スペースがないという店舗がほとんどだと思います。

しかし、わたくしどもチームエルでは実際に
そのようなガソリンスタンドでもしっかりと車販収益
を上げるご支援をしてきました。

どのようなガソリンスタンドでも新車も中古車も販売
が、可能となる2つの方法についてお伝えします。

  
    

①中古車を無在庫で注文販売で売る。

      
SS(ガソリンスタンド)での中古車、新車販売燃料油脂新聞
     

中古車の注文販売に関しては、お客様からご要望いた
だいた車両をオークションで落札して販売する方法です。

これも前提にあるのはお客様との日頃の関係構築です
が、お客様との何気ない会話や通常業務の中で、しっ
かりとお客様の乗り換えニーズをキャッチすることが
重要となります。

またすでに、実際に行っていらっしゃるガソリンスタ
ンド様も多いかと存じますが、適正に利益を上げられ
ている店舗は非常に少ないという印象を受けます。

その理由の大半は商談時[注文の受け方]にあります。

注文販売では、お客さまの要望する車両の条件と
予算を上手にすり合わせするプロとしての商談力が
必要です。

オークションから車両を仕入れる「機能」を入れた
だけでは、販売力は高まりません。

    

②ガソリンスタンドでの新車販売方法法

     

実は現在、新車販売はカーリースや残クレ(新車残価
設定クレジット)などの残価設定型商品の市場が急速に
伸びています。

すでにリースに取り組まれている、SS(ガソリンスタンド)
様も多いのではないかと思います。

しかし、なかなか販売台数は伸び悩んでいるのでは
ないでしょうか?

残価型設定商品は販売の目的を正しく理解し、取り組む
価値をお客様と合意することが販売台数を伸ばす重要な
ポイントです。

  
    

SS(ガソリンスタンド)で車販を増やすために

      

ここまでお伝えしてきたSS(ガソリンスタンド)での
車販を増やすために必要なノウハウを、実際の店舗事例を
交えて解説させていただくセミナーを開催させていただきます。

>詳しくはこちら

数少ない機会ですので、是非ご参加をご検討いただ
ければと思います。




「儲かる整備工場の経営術」のさらに詳しい情報は、
会員制サービス[CaSS]で手に入れることができます。

セミナーや講演動画、コンサルタントのコラムなどで、
車業界の最新情報を取得ください。

安心の女性オペレーターへのご質問
TEL:03-5577-4747
メールでのお問合せはこちらから。

「新車を安く仕入れたい!」
「オークションを上手に活用したい!」
「整備収益が増える方法を知りたい!」
「陸送費や販促費のコストダウンをしたい!」

≫ CaSSの会員サービスはこちら

会員制サービス
「CaSS
(Car-business Support Service/キャス)」
に関するお問い合わせ

お申し込み方法やサービス内容、その他ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合せください!

  • 03-5577-4747
  • お問い合わせフォーム